プロフェッショナルの決断 ホーク爺プロはスペシャルクラスにて参戦中!!

サラブレッドは顔が命じゃよ!

私は基本的に「グッドルッキンホース」しか取りません。走る馬の見分けとしては、次の3つのポイントに注目しています。まず第1に顔。顔がカッコイイ馬、可愛い馬を選びます。不細工な馬はまず走りません。具体的には、頭が軽く(小さく)、賢そうな目つきをしていれば合格です。第2に繋ぎ。繋ぎとは蹄の上の部分のことですが、これが45度で、ある程度の長さがあることが大切です。繋ぎは車でいうとサスペンションとエンジンの役割を兼ねているので、角度が立ち過ぎてたり、短すぎると速く走れないわけです。そして最後に、前後の脚のバランス。肩と腰と前後の蹄を結んだ形が、きれいな正方形になっているかどうかをチェックします。立ち姿の写真があれば、少し離して遠くから見ると分かりやすいですよ。指名馬選びの手順としては、まず最初に血統や厩舎や評判を基準に、ざっと100頭ぐらい選び、そのあとで、上に挙げた3つのチェックポイントで絞り込むという流れです。

ホーク爺

ダビスタ界の伝説
ホーク爺
(ダビスタ探偵)
POG歴10年以上
馬選びのポイントその他

非の打ち所のない素晴らしい馬体!来年のダービーはいただきでしょう!

父:マンハッタンカフェ
母:ファレノプシス(ブライアンズタイム)
厩舎:未定
生産:ノースヒルズ

ファレノプシスが8頭目にして産んだ待望の牡馬です。これまでの牝馬はあまり印象がないんですが、この馬は非の打ち所のない素晴らしい馬体に出ました。顔も賢そうです。ぜひ上位で指名してみたい馬ですね。来年はこの馬でダービーはいただきでしょう! 血統的には父も母もヘイルトゥリーズン系の同系配合で、インブリードはHail to Reasonの4×4のみ。ダビスタ的にみると「勝負根性アップ」の効果が期待できる配合です。

1位

ダビスタ的には「たすき掛けクロス」と呼ばれる、勝負根性が◎な配合

父:キングカメハメハ
母:トールポピー(サンデーサイレンス)
厩舎:角居勝彦[栗東]
生産:ノーザンファーム

オークス馬トールポピーの初仔です。母は伸びやかで素晴らしい馬体をしていましたが、この馬も牝馬らしい垢抜けた馬体をしています。顔も目がクリっとして可愛いですね。人気はそこまで高くなさそうですが、他の人に取られるとショックなので、確実に上位で取りにいきます。血統的にはNorthern Dancerの5×5×5×5のインブリードがあります。ダビスタ的には「たすき掛けクロス」と呼ばれる、勝負根性が非常に上がりやすい配合です。

2位

繋ぎも理想的な角度と長さで、馬体のバランスも申し分なし

父:ディープインパクト
母:アドマイヤキラメキ(エンドスウィープ)
厩舎:未定
生産:ノーザンファーム

2億6千万円で取引された高馬で、人気になりそうですが、今年の2歳馬の中では1・2を争う「グッドルッキングホース」ですね。頭は軽くて、顔もハンサム。繋ぎも理想的な角度と長さで、馬体のバランスも申し分ありません。ただし、母はダートの短距離しか走ってないし、お姉さんのラシンティランテ(父アグネスタキオン)が伸び悩んでいるところをみると、過度の期待は禁物か。3位ぐらいで誰も取っていないようなら、取りに行く感じで。

3位

順位 馬名 父馬 母馬
(母父)
厩舎
(生産)
4位 トゥザワールド(牡) キングカメハメハ トゥザヴィクトリー
(サンデーサイレンス)
未定
(ノーザンファーム)
5位 レーヴデトワール(牝) ゼンノロブロイ レーヴドスカー
(Highest Honor)
松田博資[栗東]
(ノーザンファーム)
6位 ウエスタンマンデラ(牝) ネオユニヴァース マンデラ
(Acatenango)
未定
(ノーザンファーム)
7位 サングレアル(牝) ゼンノロブロイ ビワハイジ
(Caerleon)
松田博資[栗東]
(ノーザンファーム)
8位 モンドシャルナ(牡) ネオユニヴァース ウインドインハーヘア
(Alzao)
角居勝彦[栗東]
(ノーザンファーム)
9位 サトノアラジン(牡) ディープインパクト マジックストーム
(Storm Cat)
未定
(ノーザンファーム)
10位 グレンシーラ(牡) ゼンノロブロイ ドナブリーニ
(Bertolini)
石坂正 [栗東]
(ノーザンファーム)
11位 オルドリン(牡) キングカメハメハ ムーンレディ
(プラティニ)
未定
(社台ファーム)
12位 ロザリンド(牝) シンボリクリスエス シーザリオ
(スペシャルウィーク)
未定
(ノーザンファーム)
13位 ガリバルディ(牡) ディープインパクト シェンク
(Zafonic)
藤原英昭[栗東]
(社台ファーム)
14位 シンガン(牡) Invincible Spirit Madeira Mist
(Grand Lodge)
未定
(愛国産)
15位 ノービリス(牝) コマンズ ロスマリヌス
(サンデーサイレンス)
未定
(ノースヒルズ)
16位 エイシンアロンジー(牡) Sea The Stars Ice Mint
(Awesome Again)
未定
(愛国産)
17位 シャドウダンサー(牡) ホワイトマズル ダンスインザムード
(サンデーサイレンス)
角居勝彦[栗東]
(社台ファーム)
18位 ゲットアテープ(牡) ディープインパクト オイスターチケット
(ウイニングチケット)
未定
(ノーザンファーム)
19位 マラムデール(牝) フレンチデピュティ フサイチエアデール
(サンデーサイレンス)
松田国英[栗東]
(ノーザンファーム)
20位 ツィンクルソード(牡) デュランダル ツィンクルブライド
(Lyphard)
松永昌博[栗東]
(ノーザンファーム)
ホーク爺-PROFILE-
ダビスタ探偵として数多くのダビスタ本や雑誌を作ってきた謎の老人。1983年にミスターシービーが三冠を獲ったころの競馬ファン。POG歴も長く、勝ち組の常連。過去の指名馬には、クロフネ、キングカメハメハ、トールポピー、ブエナビスタ、ルーラーシップなどがいる。昨年はフラムドグロワール、ジョワドヴィーヴルを指名。
プロフェッショナル
スガダイ「全開催プラス収支を可能にする“予想神"」 伊吹雅也「本質を見抜く的確なデータ分析」
栗山求「血統予想界の第一人者」 平松さとし「日本、世界の現場情報を発信」
日夏ユタカ「日本で唯一の競馬予想職人」 柿谷陽介「青本の頭脳」
「競馬予想界のファンタジスタ」 小林誠「POGの達人(赤本)編集デスク」
成澤大輔「ダビスタ伝導師」 平出貴昭「サラブレッド血統センターの気鋭」
仲谷光太郎「ハイブリッド馬券術師」 ホーク爺「ダビスタ界の伝説」
太組不二雄「馬体マスターが復活!」 サラマッポ「馬体・走法から適性を読むカリスマ」
河内一秀「的中率日本一ソフト「カツラギ」の開発者」 ポグニティ「プロに囲まれ緊張 ウマニティPOGスタッフ」
ようこそゲストさん

ウマニティPOGへの参加には、ウマニティメンバーへの会員登録(無料)が必要です

今すぐ会員登録

 ※ パスワードを忘れた場合

いつものアカウントでそのまま使えます!

  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント
注目POG馬ランキング
2022/10/07 01:46更新
※みんなのPOGウオッチリストをポイント化してランキングしています。