POGニュース

【ニュージーランドT】レース展望

中山では土曜メインに3歳馬のマイル重賞・ニュージーランドトロフィー(6日、GⅡ、芝1600メートル)が行われる。1~3着馬にNHKマイルカップ(5月5日、東京、GⅠ、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる重要な一戦だ。

キャプテンシー(栗東・松永幹夫厩舎、牡)は同舞台の前走・ジュニアCで2勝目をマーク。最内から機動力を生かして鮮やかに逃げ切った。1分32秒5(良)の走破時計も優秀。前走後はひと息入れてここを目標にじっくりと調整。2勝ともに逃げ切っているが、控えて差す競馬も可能なタイプだ。3連勝で重賞初勝利を狙う。

エコロブルーム(美浦・加藤征弘厩舎、牡)は前走のシンザン記念で2着。勝ったノーブルロジャーは次戦の毎日杯で2着と堅実で、当時は相手が一枚上だった。デビュー戦から馬場状態も問わず、安定して走っており、初の中山マイルでも問題はなさそうだ。

エンヤラヴフェイス(栗東・森田直行厩舎、牡)ここ3戦振るわないが、マイルの新馬戦を圧勝し、デイリー杯2歳Sで2着の実績がある。マイルのGⅡなら見直せる。

スパークリシャール(美浦・小島茂之厩舎、牡)は前走の中山マイルの1勝クラス戦で2勝目をマーク。立ち回りが器用で前々でレースを運べるセンスのよさが魅力だ。

クリーンエア(美浦・上原博之厩舎、牡)はスパークリシャールが勝ったレースで3着。新潟2歳S3着後は、デイリー杯2歳S8着、朝日杯フューチュリティS16着と苦戦しているが、ジャンタルマンタルなど今まで戦ってきた相手を考えれば、もっとやれていいはずだ。

1日現在、桜花賞で抽選対象になっているボンドガール(美浦・手塚貴久厩舎、牝)は、新馬戦でチェルヴィニアアルテミスS1着)に勝ち、2戦目のサウジアラビアロイヤルCで2着と世代上位の実力を持つ。こちらに出走しても好勝負は必至だ。

桜花賞で除外対象のルージュスエルテ(美浦・国枝栄厩舎、牝)もクイーンC3着の実績からチャンスはありそうだ。

2024年4月2日(火) 17:05
ナイス (1)
会員登録
ようこそゲストさん

ウマニティPOGへの参加には、ウマニティメンバーへの会員登録(無料)が必要です

今すぐ会員登録

 ※ パスワードを忘れた場合

いつものアカウントでそのまま使えます!

KING OF POG
2022 - 2023

たけぼう54さん

昨年の主な活躍馬:
タスティエーラ

獲得賞金:116,643万円

注目POG馬ランキング
2024/04/15 08:06更新
※みんなのPOGウオッチリストをポイント化してランキングしています。
3歳馬U指数ベスト20
2024年4月8日更新
JRA競走馬総賞金ランキング
3歳
01位ステレンボッシュ牝3
21,547万円
02位アスコリピチェーノ牝3
16,854万円
03位ジャンタルマンタル牡3
13,291万円
04位コラソンビート牝3
9,942万円
05位エトヴプレ牝3
9,644万円
06位スウィープフィート牝3
9,386万円
07位シンエンペラー牡3
9,128万円
08位レガレイラ牝3
8,278万円
09位エコロブルーム牡3
7,861万円
10位シックスペンス牡3
7,287万円