POGニュース

【サウジRC】ノッキングポイント年長馬2頭と併入 木村師「動きは良かった」

サウジアラビアロイヤルCの追い切りが5日、東西トレセンで行われた。美浦ではノッキングポイントがWコースの3頭併せで年長馬相手に合格点の動き。改めて性能の高さをアピールした。



6月の東京芝マイルで衝撃的なデビューVを飾った東の一番星ノッキングポイントが、美浦Wコースの3頭併せで仕上げられた。直線で両サイドから年長馬のプレッシャーを受けながらもリズムを崩さず、足並みをそろえてゴール。6ハロン85秒0─11秒8をマークした。

「時計よりフォームを整えることが目的。きょうはトップギアに入れないで、ちゃんとしたフォームで走らせました。新馬戦で走りすぎた感じもあり、回復にも時間がかかりましたが、よくここまでリカバリーしてくれたと思います。動きは良かったし、これで変わってくれれば、ですね」

木村調教師が最終リハに合格点を与えた。新馬戦激走の疲れを抜くのに時間がかかり、一時は馬のバランスも崩れたというが、目標の一戦に向けて一歩ずつ上昇。1週前追い切りは走りにくい時間帯の馬場でもあり、いいフォームで走れなかったが、今週は開場すぐのきれいな馬場での追い切られた。最後まで集中力も保ってゴールしており、修正すべき点は改善できたようだ。

新馬戦を見れば性能の高さは疑いようがない。ノーステッキで3ハロン33秒2の末脚を繰り出し、3馬身差の圧勝を飾った走りは本物だ。木村師が「テン良し、中良し、しまい良しの内容で、思った以上に上手な競馬をしてくれました」とレースぶりを評価すれば、ルメール騎手もこの秋の期待の一頭に挙げるほどほれ込んでいる。

6月1週目の東京芝マイル新馬といえば、〝エース級〟が集まるハイレベルな戦いだ。近年ではステルヴィオグランアレグリアサリオスが勝ち上がり、このサウジアラビアロイヤルCでも好走。その後、GⅠ馬まで上り詰めた。オークス2着馬チェッキーノの初子ノッキングポイントも、この試金石の2戦目でGⅠ級の資質を示す。(板津雄志)

2022年10月6日(木) 04:51
ナイス (2)
会員登録
ようこそゲストさん

ウマニティPOGへの参加には、ウマニティメンバーへの会員登録(無料)が必要です

今すぐ会員登録

 ※ パスワードを忘れた場合

いつものアカウントでそのまま使えます!

KING OF POG
2021 - 2022
注目POG馬ランキング
2022/12/10 08:34更新
※みんなのPOGウオッチリストをポイント化してランキングしています。
2歳馬U指数ベスト20
2022年12月5日更新
JRA競走馬総賞金ランキング
2歳
01位ブトンドール牝2
5,059万円
02位オールパルフェ牡2
4,636万円
03位オオバンブルマイ牡2
4,564万円
04位ガストリック牡2
4,539万円
05位グリューネグリーン牡2
4,053万円
06位ドルチェモア牡2
4,032万円
07位トップナイフ牡2
3,921万円
08位ロンドンプラン牡2
3,848万円
09位ドゥーラ牝2
3,779万円
10位キタウイング牝2
3,769万円