POGニュース

【若駒ピカイチ】マイラプソディ

 《戦評》1000メートル通過65秒7のスローペースを中団の後ろでリラックスして追走。しっかり脚をためると、直線では大外へ進路を取り、一完歩ごとに力強く加速。メンバー最速の上がり3ハロン34秒0の末脚で突き抜け、初陣を飾った。

 《血統》母テディーズプロミスは、ともにダート7ハロンの米GIラブレアS、米GIIサンタモニカSなど11勝。本馬は米国のパワー血統にスピードも備わっており、エンジンが掛かったときの伸びは抜群。初戦の走りから今後も芝でも活躍が期待できるし、距離が延びても融通は利きそう。

 《将来性》「素直な気性で4コーナーでも手応えは十分。追ってからの反応もよく、着差(3/4馬身)以上の将来性も感じた。まだ馬も完全にできていたわけじゃないので、伸びしろも十分にある」と武豊騎手の評価は高い。夏は休んで秋から始動予定で、順調に成長すればクラシックロードをにぎわす存在になりそうだ。
提供元:SANSPO.COM 2019年7月9日(火) 05:02
ナイス (5)
会員登録
ようこそゲストさん

ウマニティPOGへの参加には、ウマニティメンバーへの会員登録(無料)が必要です

今すぐ会員登録

 ※ パスワードを忘れた場合

いつものアカウントでそのまま使えます!

KING OF POG
2018 - 2019

よ~じさん

昨年の主な活躍馬:
サートゥルナーリア

獲得賞金:111607万円

注目POG馬ランキング
2019/07/20 19:31更新
※みんなのPOGウオッチリストをポイント化してランキングしています。
2歳馬U指数ベスト20
2019年7月15日更新