POGニュース

【ズバッと!言いたい放題】オークス

 しの 桜花賞同様に人気がはっきり分かれそう。東京の2400メートルはみんな未経験ね。

 大王 アーモンドアイの力が抜けているなあ。桜花賞の上がり3F33秒2は次位のトーセンブレス(34秒2)より1秒も速い。次元が違う。

 しの やっぱり頭ひとつ抜けてますよね。雄大なフットワークも長い直線にピッタリです。

 大王 父は短距離王ロードカナロアでも、母フサイチパンドラが06年オークスで2着なら大丈夫。3歳春の牝馬は距離適性よりも絶対能力の高さが重要だしね。

 東京サンスポ・山川 ルメール騎手が「今まで乗ったなかでもレベルが高い。特別な牝馬」だって。距離も「大丈夫そう」と言ってましたよ。

 大王 敵も桜2着のラッキーライラックかな。普通の年ならきっと2冠馬。アーモンドアイの存在は不運というしかないけど、父が3冠馬オルフェーヴルで、800メートルの延長をアドバンテージにどこまで迫れるか。

 水谷 松永幹調教師も「前走の内容は良かったけど勝ち馬が強かった。距離は長いほうがいいと思っていた。逆転したい」と12Fに望みや。

 大阪サンスポ・長田 ラッキーもいい態勢だけど、僕は追い切りの動きがシャープだったリリーノーブルを推奨したい。藤岡調教師の「前半は折り合い重視で進み、ラストは瞬発力をつけるために1Fだけ追う」調教が身についている。

 水谷 川田騎手は「桜花賞で2着との差は詰めたが、アーモンドアイの勝ちっぷりが衝撃的だった。正直、2400メートルが合っているとは思わないが、精いっぱい我慢して力を発揮してほしい」と言っとった。どうかな。

 しの なんだか控え目ですね。

 東京サンスポ・柴田 相手探しの一考に、マウレアはどう? 桜花賞後にカイ食いが落ちたらしいけど、「もう戻ったし馬体も変わりない」と平塚助手。崩れていないし、武豊騎手なら色気を出さずにソロッと3着争いに加わってきそう。

 大王 舞台適性が最も高いのはサトノワルキューレだね。左回り初出走で、明らかに距離が短かったサンスポ賞フローラSはレースレコードで勝利と強かった。

 山川 2着パイオニアバイオはサトノにタイム差なし。母のアニメイトバイオオークス4着だし、父がルーラーシップなら距離延長も問題なさそう。相手なりにしぶとく脚を使いますからね。

 柴田 2戦2勝のロサグラウカもルーラー産駒。けいこは3頭併せの真ん中で負荷をかけていた。牝馬が直前に攻めた調教をするのは最近では珍しい。距離も問題ない血統だし、穴っぽい。

 大王 トーセンブレスの切れ味はGIクラスだよ。道中はジッと直線勝負に徹して、流れが向けば一発があるかな。

 柴田 抽選対象だけど、ゴージャスランチが穴っぽい。忘れな草賞は出遅れ、スイートピーSは内から外へと切り替えた分の負け。でも最後の伸びは際だっていた。

 水谷 しかし、昭和のオークスは“何でもアリ”でクラシックで最も荒れるレースやったのに、最近は強いのがきっちり結果を出すなあ。

 しの 珍しく弱気? まさかアーモンドちゃんに◎ですか?!

 水谷 アホ。こういう本命戦ムードのときこそ、ひとつ狂えばとんでもない大波乱やで。

 しの 狂わないことを願ってます。(夕刊フジ)

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
提供元:SANSPO.COM 2018年5月17日(木) 12:18
ナイス (3)
会員登録
POG-VIP特典
ようこそゲストさん

ウマニティPOGへの参加には、ウマニティメンバーへの会員登録(無料)が必要です

今すぐ会員登録

 ※ パスワードを忘れた場合

いつものアカウントでそのまま使えます!

KING OF POG
2016 - 2017

藤澤雄二さん

昨年の主な活躍馬:
アエロリット

獲得賞金:57,791万円

注目POG馬ランキング
2018/05/25 21:45更新
3歳馬U指数ベスト20
2018年5月21日更新
JRA競走馬総賞金ランキング
3歳
01位アーモンドアイ牝3
31,342万円
02位ラッキーライラック牝3
23,653万円
03位エポカドーロ牡3
17,421万円
04位ケイアイノーテック牡3
16,998万円
05位ダノンプレミアム牡3
16,651万円
06位リリーノーブル牝3
13,810万円
07位ステルヴィオ牡3
13,669万円
08位タワーオブロンドン牡3
12,474万円
09位タイムフライヤー牡3
11,016万円
10位サンリヴァル牡3
9,338万円