POGニュース

【オークス】前哨戦を斬る

 《桜花賞=A》前半3ハロン通過は34秒7。勝ちタイムの1分34秒5も近年の中では目立たないが、直前まで重馬場発表だったうえでの稍重なら割り引く必要はない。好位から余力十分に抜け出したレーヌミノルはフロック視できない内容。2着リスグラシューも地力を示した。3着ソウルスターリング、12着アドマイヤミヤビは明らかに馬場を苦にした印象。

 《サンスポ賞フローラS=B》1000メートル通過は61秒5でその後も流れは遅く、ラスト3ハロンだけの競馬。好位から流れ込んだ2着ヤマカツグレースと3着フローレスマジックは展開を生かしたが、勝ったモズカッチャンは上がり3ハロン33秒9の決め手で、充実ぶりを印象付けた。

 《スイートピーS=B》中だるみのペースで、ラスト3ハロンのラップが全て11秒台という瞬発力勝負。上位は軒並み上がり33秒台だった。明暗を分けたのはコース取り。勝ったブラックスビーチは巧みに馬群の中を突いたが、2着カリビアンゴールドは外からの鋭い伸びが目を引いた。

◇結論◇

 どの前哨戦からも2400メートルの距離は未知数だが、レーヌミノル桜花賞は胸を張れる内容。これまでのレースぶりからも折り合いの不安はなく、距離はこなせると判断する。強敵は距離が延びて良さそうなリスグラシュー。良馬場前提に巻き返しが望めるソウルスターリングアドマイヤミヤビに加え、前走の内容に見どころがあったモズカッチャンカリビアンゴールドをマークしておきたい。

オークスの枠順はこちら 調教タイムも掲載
提供元:SANSPO.COM 2017年5月19日(金) 05:03
ナイス (2)
会員登録
ようこそゲストさん

ウマニティPOGへの参加には、ウマニティメンバーへの会員登録(無料)が必要です

今すぐ会員登録

 ※ パスワードを忘れた場合

いつものアカウントでそのまま使えます!

KING OF POG
2015 - 2016

中(ナカ)さん

昨年の主な活躍馬:
メジャーエンブレム

獲得賞金:67,131万円

JRA競走馬総賞金ランキング
3歳
01位アーモンドアイ牝3
31,342万円
02位ラッキーライラック牝3
23,653万円
03位エポカドーロ牡3
17,421万円
04位ケイアイノーテック牡3
16,998万円
05位ダノンプレミアム牡3
16,651万円
06位リリーノーブル牝3
13,810万円
07位ステルヴィオ牡3
13,669万円
08位タワーオブロンドン牡3
12,474万円
09位タイムフライヤー牡3
11,016万円
10位サンリヴァル牡3
9,338万円