POG 有力馬診断 厳選10頭!!

本年度(2015年)デビューする、2歳馬(2013年産駒)は約7000頭。
その中からウマニティPOG編集チームが血統、厩舎、生産のカテゴリーに分けて徹底分析!
大本命の有力馬から穴馬までバラエティに富んだ20頭をお届けする。

星は5段階表示(厩舎未定馬は星1で表示)、評価はSS→S→A→Bの4段階表示
各評価はあくまで編集部独自の調査を客観的に表したものであり、実際の評価とはまったく関係ありません。

file No.1
リライアブルエース(牡)
父:ディープインパクト
母:ゴールデンドックエー(Unusual Heat)
厩舎:矢作芳人[栗東]
生産:社台コーポレーション白老ファーム
ディープインパクトの交配相手として輸入された母の3番仔で全兄は現在クラシック路線で活躍中のアルバートドック。育成牧場からの評判も極めて高く、馬主もサンデーレーシングに変更と勝負気配が漂う。管理する矢作厩舎も『ダービーを狙える、厩舎のエース』と意気込む好素材で、文句なしのクラシック候補。
評価SS
血統
厩舎
生産
file No.2
エルプシャフト(牡)
父:ディープインパクト
母:ビワハイジ(Caerleon)
厩舎:角居勝彦[栗東]
生産:ノーザンファーム
ハイレベルな産駒を送り出すビワハイジ。ディープインパクトとの産駒では阪神JFを制したジョワドヴィーヴル、ダービーに出走したトーセンレーヴとPOG期間内で結果を残している。やや小ぶりな馬体だが、全兄以上の軽快さ、切れを持った馬の可能性も。この血統ポテンシャルに角居厩舎なら信頼度は抜群。
評価SS
血統
厩舎
生産
file No.3
フォイヤーヴェルク(牡)
父:ディープインパクト
母:ナイトマジック(Sholokhov)
厩舎:池江泰寿[栗東]
生産:ノーザンファーム
今年のノーザンファーム勢の中でも最高ランクの評価を受ける本馬。管理する池江調教師が『クラシック3冠だけでなく、凱旋門賞も意識させる馬』と評価するあたり、馬の出来は間違いない所。血統的にディープ×サドラーというとトーセンラーが走っているが、相性は抜群とは言いづらく、三振かホームランのタイプか。
評価SS
血統
厩舎
生産
file No.4
サトノダイヤモンド(牡)
父:ディープインパクト
母:マルペンサ(Orpen)
厩舎:池江泰寿[栗東]
生産:ノーザンファーム
セレクトセールで2億3000万の高値で落札され、ノーザンファーム空港でもトップ級の評価受ける大物候補。母方はダンチヒ、ヘイローとスピード血脈で固められている。ディープ×ダンチヒの配合ではジェンティルドンナ、ヘイローではダノンバラードなど相性は良く、高速馬場適性も抜群に高い。/予定厩舎:池江泰寿
評価SS
血統
厩舎
生産
file No.5
プロディガルサン(牡)
父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー(Storm Cat)
厩舎:国枝栄[美浦]
生産:ノーザンファーム
リアルスティールを全兄に持つダービー候補の1頭。母はMiesqueから流れる世界的名血がずらりと並ぶ超良血で血統背景は最高レベル。ディープインパクトをはじめ、数々の名馬を所有している金子真人氏が高値で競り落としたことからも超大物の可能性も。順調ならば普通にクラシックに乗ってくる。/予定厩舎:国枝栄
評価SS
血統
厩舎
生産
file No.6
ポルトフォイユ(牡)
父:ディープインパクト
母:ポルトフィーノ(クロフネ)
厩舎:高野友和[栗東]
生産:ノーザンファーム
全兄はクラシック戦線を賑わしているポルトドートウィユ。ディープ×クロフネはシャイニングレイ、ステファノスを筆頭に10頭中9頭が勝ち上がる特筆のニックス配合。本馬の母方はダイナカール一族で成長力、スケールも申し分ない。調整も順調で6月デビューした全兄同様、早期デビューも視野に入っている。/予定厩舎:高野友和
評価
血統
厩舎
生産
file No.7
リオンディーズ(牡)
父:キングカメハメハ
母:シーザリオ(スペシャルウィーク)
厩舎:角居勝彦[栗東]
生産:ノーザンファーム
半兄は菊花賞、ジャパンカップを制したエピファネイア、全兄トゥエルフスナイトは1戦1勝でターフを去ったがかなりのポテンシャルを感じさせた。血統は母父スペシャルウィークでエピファネイア、クラリティスカイ、タガノグランパなどトレンドのど真ん中をいっている。厩舎も角居厩舎とあれば期待は最高潮。/予定厩舎:角居勝彦
評価
血統
厩舎
生産
file No.8
ダノンスパーク(牡)
父:ヴィクトワールピサ
母:スターアイル(Rock of Gibraltar)
厩舎:音無秀孝[栗東]
生産:ノーザンファーム
ヴィクトワールピサは母父にMachiavellianを持ち、ネオユニヴァース以上に軽快さを持った産駒が期待できる。本馬の半兄はNHKマイルCを制したミッキーアイルだけスピード能力は相当高そうでPOG期間内の短距離GIを狙える快速系として期待。1億超えの値がつくあたり、馬の出来も疑いようがない。/予定厩舎:音無秀孝
評価
血統
厩舎
生産
file No.9
テオドール(牡)
父:ハービンジャー
母:アンブロワーズ(フレンチデピュティ)
厩舎:国枝栄[美浦]
生産:ノーザンファーム
速攻要員として注目したいのが本馬。牧場関係者からの評価もすこぶる良く、すでに入厩済み。6月デビューに向けて至極順調に調整されている。血統的には母方にフレンチデピュティ、Sadler's Wellsと洋芝、力のいる馬場がベスト。函館2歳S、札幌2歳Sなど洋芝レースに積極的に出走してほしい。
評価
血統
厩舎
生産
file No.10
アルカサル(牡)
父:ドリームジャーニー
母:アビラ(Rock of Gibraltar)
厩舎:大竹正博[美浦]
生産:ノーザンファーム
小柄な父とは異なり、500キロ超えの雄大な馬体を誇る本馬。関係者からも2歳馬離れしたスピード、パワーを絶賛されているようにポテンシャルは高い。タフさの問われる阪神、中山や不良馬場で物凄いパフォーマンスを発揮しそうだ。半兄がジュベルムーサでダートでも確実に勝ち上がれる点も推せる。
評価
血統
厩舎
生産